地主神社2021初詣の駐車場や混雑回避法は?屋台や参拝時間も!

スポンサーリンク

地主神社(京都)初詣の混雑状況は?

京都の地主神社に行くのに境内がどのくらい混雑するかや、コロナの影響もあるので混雑してどのくらい密になるかが心配な方も多いのではないでしょうか・・・

過去の初詣時の地主神社の参拝者数は約30万人以上という情報もあるので、2021年の初詣時も同じぐらいの参拝者が来る可能性があるかもしれません…

そこで、過去の自主神社の初詣のときの混雑の傾向を調べてみました。

過去の混雑状況

過去の初詣時の地主神社の混雑の傾向は以下の通りになります。

日付午前の混雑傾向午後の混雑傾向
12月31日・大きな混雑の情報はない・大きな混雑の情報はない
1月1日・参道から清水寺本殿周辺はとにかく人が多い・14時頃から「えんむすび初大国祭」があるので混雑する
1月2日・参道から清水寺本殿周辺はとにかく人が多い・14時頃から「えんむすび初大国祭」があるので混雑する
1月3日・参道から清水寺本殿周辺はとにかく人が多い・14時頃から「えんむすび初大国祭」があるので混雑する
1月4日以降・昼に近い時間帯になると若干混雑する傾向あり・昼から16時頃まで多少の混雑あり
うさぎさん
うさぎさん
三が日は多くの参拝者がいる!
うさぎさん
うさぎさん
特に14時からの「えんむすび初大国祭」は注意!

過去の地主神社の混雑の傾向をみると、1月1日〜3日の間はとにかく人が多いので混雑します…特に14時からの「えんむすび初大国祭」が一番混雑する傾向があるので避けたいところです。

境内内にある恋占いの石を避けるのに、さらに混雑する傾向もあるようです。

1月1日〜3日の間に行くなら、比較的混雑しない9時頃から行くのが良さそうですね。

4日以降になってくると、ある程度混雑も落ち着いてくるので、4日以降に行くのもいいかもですね。

地主神社(京都)初詣の混雑を避けるおすすめは?

初詣時の地主神社の混雑を避けるおすすめ以下の通りになります。

・1日〜3日の9時から行くのがおすすめ!
・4日以降に行くのがおすすめ!