伊藤圭(山小屋主人)の妻や子供は?三俣山荘の口コミや評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんばんわ。

2018年8月5日の情熱大陸に山小屋主人の伊藤圭さんが出演されるんですよ。

僕が気になるのは山小屋主人という職業ってなに?

調べてみると、山荘を経営してはるお人みたいですね。

伊藤圭さんが経営している長野県の三俣山荘の口コミや評判、妻や子供について調査したいと思います!

伊藤圭(山小屋主人)さんのプロフィール

伊藤圭さんのプロフィール

名前:伊藤圭(いとうけい)
生年月日:1977年
出身地:東京都
身長:不明
体重:不明
家族:妻、お子さん2人
好きなもの:お酒

伊藤圭さんやけど、 現在41歳なんですよ(記事執筆時点2018年8月)

伊藤圭さんが経営している三俣山荘の場所を調べてみると、長野県のかなり山奥にある場所なんですよね。

ん〜民家がありませんわ…

こんな場所でどないして生活してるのかが気になるところですね。

それよりもここで山荘を経営することになったきっかけも気になりますね。

調べてみると、お父さんである伊藤正一さんの影響があったと思うんですよね。

伊藤圭さんが山に関わるようになったのは1歳の頃だとか…

お父さんである伊藤正一さんが1歳の伊藤圭さんを抱えて標高2500mの山に連れて行っていたんですよ。

しかし、1歳の子供と自分の登山用の装備を持って標高2500mの山を登るとは、個人的にはめちゃめちゃ衝撃を受けましたね。

何が伊藤正一さんをそこまでにしたのか気になりますね。

お父さんである伊藤正一さんについて調べてみると、ものスゴイお人でしたわ。

伊藤正一さんの経歴

・10代のころに航空機のターボエンジンを開発
・戦後には三俣山荘と水晶小屋を2万円で買い取って経営を始める
・さらに、湯俣山荘と雲ノ平山荘を買い取る
・私財を投じて登山口から山小屋までを繋ぐルート開拓

航空機のターボエンジンを開発したということは、零戦のエンジンなんでしょうか?

エンジンを開発しはるとは、相当優秀なエンジニアやったみたいですね。

せやけど、戦後はエンジニアとして活躍せずに山に行くんですね。

山荘を2万円で買い取ったときの2万円が当時の2万円であれば、相当な金額になると思うんですよね。

当時の2万円であれば、伊藤正一さんの情熱は相当なものですね。

いろいろ検索してみたんやけど、当時の貨幣価値なのかどうかの情報はありませんね…

僕がほんまにスゴイと思ったのが、登山口から自分の山荘までのルートを開拓したことですわ。

個人的にはこの辺りにエンジニアの心意気のようなものを感じますね。

現在では、そのルートを「伊藤新道」と呼ぶそうです。

そんなお人の遺伝子を伊藤圭さんが引き継いでいるんですね。

伊藤圭(山小屋主人)さんの妻や子供は?

伊藤圭さんやけど、妻や子供がいるという情報がありました。

言いにくいんやけど、こんな場所で仕事することを了承する奥さんってどんな人なのかめちゃめちゃ気になるんですよ。

伊藤圭さんの奥さんやけど、 お名前が敦子さんとおっしゃるんです。

結婚されたのは2002年伊藤圭さんが25歳のときやそうです。

敦子さんの年齢は伊藤圭さんより、 3歳年下なんですよ。

ということは、現在38歳ということになると思います(記事執筆時点2018年8月)

ちなみに知り合ったきっかけは、やっぱり山なんですよね。

ちょっと前にアニメであったいわゆる山ガールというヤツの可能性が高そうですね。

伊藤圭さんやけど、この結婚をきっかけに本格的に山小屋の仕事を始めるんですよ。

お父さんである伊藤正一さんから三俣山荘と水晶小屋の管理を任されたとか…

二人の間にはお子さんが2人いるという情報があったのですが、お子さんの詳細な情報はありませんね。

せやけど、情熱大陸の番宣を見ていると 男の子が一人写っているのでこの子が伊藤圭さんのお子さんである可能性は高そうですね。

伊藤圭(山小屋主人)さんの三俣山荘の口コミや評判は?

伊藤圭さんが経営する三俣山荘やけど、登山をする人の間ではめちゃめちゃ人気なんですよ。

なんでも、登山の愛好家からは登山ファンの憧れと呼ばれているとか…

その人気の理由を調べると、以下の理由になります。

・景色が素晴らしい
・料理が最高

おお〜なるほど、ええ景色を見ながらウマいものが食べれるとか最高ですね。

これは登山が好きでもない僕でも行く価値はあると思いますわ。

どれぐらい景色がええか調べてみます。

景色が素晴らしい

日本にもこないなところがあったとは…

ちょっと心が現れるような気がしますね。

こんなところで食べる食事というのは想像するだけで、めちゃめちゃウマいかもですね。

なるほど、登山が好きなお人が行く理由が僕にも分かりますわ。

食事が最高

鹿肉のシチュー、いわゆるジビエというヤツですね。

僕の個人的な印象ではジビエはケモノ臭いというイメージしかあらへんのやけど…

それを感じさせないとは、そこは伊藤圭さんの料理の腕なんでしょうね。

あんなええ景色を見ながらカレーを食べるのはええかもですね。

珈琲もウマいんですね。

食後のウマい珈琲とか最高ですね。

まとめ

いかがでしたか?

伊藤圭さんの経営する三俣山荘、僕も行きたくなりました。

せやけど、まずは山を登れるようにならんとあきませんわ…

週末の情熱大陸が楽しみですね。

 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る