深堀隆介展/上野の予約・混雑状況は?所要時間や撮影も!

スポンサーリンク

2021年12月2日(木)から2022年1月31日(月)まで上野の森美術館で深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」が開催されます。

ポスター

深堀隆介は金魚をテーマにしたアート作品で人気の金魚絵師。

透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという、独自の斬新な手法で注目を集める現代美術家です。

それらの金魚作品は、国内はもとより今や世界的にも高い評価を受け、近年ではライブペインティングやインスタレーションにも力を入れ、表現と活動の幅を広げています。

上野の森美術館で開催される「金魚鉢、地球鉢。」では新作を含め、約300点の作品が一堂に会します。

意外にも今回が、東京の美術館で初めてとなる本格的な金魚展なんだそうです。
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」公式Webサイト

そんな上野の森美術館で深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」でおすすめしたいのは以下の通りです。

平日10時~11時の間に行くのがおすすめ!
土日開館直後の10時15時以降に行くのがおすすめ!
・滞在時間は2時間~2時間30分
・深堀隆介描き下ろし 金魚飴付き前売券は数量限定!
あらかじめチケットiconを購入するのがおすすめ!
会期末や最終日は避けるのがおすすめ!