法隆寺金堂壁画と百済観音の混雑傾向は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2020年3月13日(金)~5月10日(日)から上野の東京国立博物館で法隆寺金堂壁画と百済観音が開催されます。

法隆寺金堂壁画と百済観音では法隆寺金堂壁画の模写や再現された現在の壁画を紹介したり、古代の日本の彫刻の傑作の一つの国宝「百済観音」などの金堂ゆかりの諸物が展示される注目の展覧会となってます。
そんな注目の展示物が集まる展覧会で会場が上野の東京国立博物館ともなれば、多くの方が訪れ館内が混雑する可能性が非常に高そうです…

そんな東京国立博物館で開催される法隆寺金堂壁画と百済観音でおすすめしたいのは以下の通りになります。

1)平日の 15時頃から 閉館の間がおすすめ!
2) 金曜・土曜 夜間開館の時間帯がおすすめ!
3)次の日が平日の休日の 午後がおすすめ!
4) 天気が悪い日がおすすめ!
5) GW期間 最初の方がおすすめ!
6)チケットiconはあらかじめ購入するのがおすすめ!
7)会期末は避けるのがおすすめ!
8)あらかじめ駐車場は予約するのがおすすめ!

今回の記事ではなぜこれらがおすすめなのかや、その他の法隆寺金堂壁画と百済観音の情報をまとめてみようと思います。