北斎「冨嶽三十六景」と広重展の空いている時間帯や曜日は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2021年4月24日(土)~6月20日(日)まで、東京都の江戸東京博物館で北斎「冨嶽三十六景」と広重展が開催されます。

今回開催される北斎「冨嶽三十六景」と広重展では、海外で“Great Wave”の名で愛される「神奈川沖浪裏」や、 通称「赤富士」 の「凱風快晴」 など葛飾北斎による富士図版画集を含めた全46図や、「東海道五拾三次」や「江戸名所」「東海道」などの風景画や「富士三十六景」「富士見百景」といった富士山を題材とした作品をも生み出した歌川広重の代表的な作品などを展示すると言われている注目の展覧会となっております。

注目の展覧会なだけに多くの方が会場の江戸東京博物館に訪れて館内が密になることを心配される方や、館内が混雑するのを避けたい方も多いと思うんですよね。。

そんな江戸東京博物館で開催される北斎「冨嶽三十六景」と広重展でおすすめしたいのは以下の通りになります。

平日午前中に行くのがおすすめ!
平日15時以降に行くのがおすすめ!
土日祝開館直後に行くのがおすすめ!
土日祝16時以降に行くのがおすすめ!
・あらかじめ前売り券iconを購入するのがおすすめ!
会期当初、会期末、最終日を避けるのがおすすめ!
・今のところグッズの情報は公開されていない!
・予想所要時間は約2時間~2時間30分くらい!
・車で行くなら、あきっぱを利用するのがおすすめ
・遠方から行くなら、楽天トラベルを利用するのがおすすめ!