広瀬姉妹・写真展(銀座)の混雑状況や待ち時間は?前売りや料金も!

スポンサーリンク

(※この記事は2019年2月1日更新されました。)

2019年3月1日から東京・銀座の
銀座プレイスで気になるイベントが
あるんですよ。

そのイベントとは 広瀬アリス
広瀬すずの初の姉妹写真展です。

広瀬姉妹といえば、
モデル、俳優、メディアと
幅広く活躍されてますよね。

そんなお二人の初の写真展を
今回の記事で書こうと思います。

広瀬姉妹・写真展(銀座)

・混雑状況
・待ち時間
・前売り
・料金

について調査したいと思います!

広瀬姉妹・写真展(銀座)の混雑状況や待ち時間は?

広瀬姉妹・写真展を行くにあたり、
めちゃめちゃ重要なことがあります。

それは混雑具合です。

せっかく会場に行っても
待ち時間が長く混雑してると
心が折れますよね。

実際開催されていないので、
混雑具合は不明ですが、
過去の混雑具合を調べてみました。

 

建坪の狭さゆえの苦悩が設備に表れていた。エスカレーターは1列タイプだし、飲食店が入る7階より上はエスカレーターすらない。エレベーターも2台だし、混雑必至。混雑よりもフロアの広さをとったのはかなり勇気ある決断だったのではないかと思われる。

 

会場のある銀座プレイスの情報です。

建物自体が混雑しやすい構造に
なっているとか…

会場に到着するまでが、
大変になるかもですね。

いろいろと検索したのですが、
混雑や待ち時間の情報は
見当たりませんね…

個人的なおすすめは
平日に行くことが出来れば
いいのではと思います。

広瀬姉妹・写真展(銀座)の前売りや料金は?

広瀬姉妹・写真展の前売りや
料金はどうなのでしょうか?

早速調べてみました。

前売り:600円
当日券:600円
小学生以下:無料

前売り券には写真展撮り下ろしの
ポスターが付いてきます。

広瀬アリスverか広瀬すずverに
どちらか1枚を選べます。

当日券の発券所の混雑を
避けるためにも前売りを
買うことをおすすめします。

前売り券は会場の銀座プレイスか
イープラスで購入可能です。

e+(イープラス)

広瀬姉妹・写真展(銀座)の詳細は?

広瀬姉妹・写真展(銀座)のアクセス方法は?

広瀬姉妹・写真展の会場の
銀座プレイスのアクセス方法は
以下の通りです。

東京メトロ「銀座駅」A4出口からすぐ

東京メトロ「銀座一丁目駅」から

 

都営地下鉄・東京メトロ「東銀座駅」から

 

JR有楽町駅から

広瀬姉妹・写真展(銀座)の駐車場は?

広瀬姉妹・写真展の会場の
銀座プレイスの駐車場の情報が
見当たらないんですよね…

車で会場に向かう場合は
近隣の有料駐車場を利用する
ことになりそうです。

有料の駐車場はそこそこありますね。

問題なのは確実に駐車することが
出来るかだと思うんですよね。

そこでおすすめしたいのが
akippa(あきっぱ!)です。

個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】

あきっぱ!を使えば、
駐車場が予約出来るのです。

目的地に到着後駐車場を探すことや
やっと見つけた駐車場が満車という
状況にもならないのです。

10日前から予約が可能で、
時間内であれば車の出し入れも
自由なんです。

こちらのあきっぱ!を使えば、
確実に駐車することが可能に
なるのです。

車で出掛けるときの駐車場は
あきっぱ!がおすすめです!



東京に安く行く方法は?

広瀬姉妹・写真展に行くには
まず東京に行かないとダメです。

東京に行くのにおすすめなのが
楽天トラベルです。

楽天トラベルのいいところは、
予約数でツアー料金が増減する
ところなんですね。

分かりやすく言うと、
早いものがちなんですわ。

早く予約したら安くなるという
めちゃめちゃ分かりやすい
システムなのです。

どうしても安く行きたいという
人には楽天トラベルがおすすめです。

 

東京に行くのは何とかなったけど、
宿がないという人には
じゃらんがおすすめです。

じゃらんは国内最大級の
オンライン予約サービスなのです。

季節に応じたお得なプランや
キャンペーンもあるんですよ。

泊まる場所がないといお人には
じゃらんがおすすめです。



まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では広瀬姉妹・写真展を
紹介しました。

今回の記事をまとめると、

・建物の構造自体が混雑しやすい作りになっている

・会場に行くまでに混雑する可能性あり

・発券所の混雑を避けるため、前売りを買うのがおすすめ

となります。

会期末は混雑する可能性が
高いので早めに行くことを
おすすめします。

 
 
それではお気をつけて!

 
 
 
 
 
最後までお読み頂き
ありがとうございます。