日高夏祭り2019の駐車場や混雑状況は?トイレや屋台も!

スポンサーリンク

日高夏祭り2019の混雑状況は?

2019年兵庫県豊岡市で開催される日高夏祭りで重要なことがあります。それは、会場や周辺がどのぐらい混雑するかです。

花火大会開催時に会場内が混雑すると、蒸し暑くなり熱中症になったり、会場内や周辺を移動するのも大変です。

そこで、過去の日高夏祭りの混雑状況を調べてみました。

過去の混雑状況は?

日高夏祭りの過去の混雑の情報は見当たらないのですが、花火大会は花火の打ち上げ終了後の帰りが混雑する傾向があります。

花火の打ち上げが終わると、会場内の人が一斉に帰りだすので、交通機関や道路が混雑します。

そんな混雑を避けるには、 花火の打ち上げ終わる前に帰るのがおすすめです。

一斉に帰る人達よりも前に帰ることにより、帰りの混雑を避ける可能性が高くなります。

トイレの混雑状況は?

日高夏祭りでもう一つ重要なことがあります。それは、トイレがどのぐらい混雑するかです。

花火大会は屋外のイベントなので、トイレはめちゃめちゃ重要だと思うんですよ。

過去の日高夏祭りのトイレの混雑の情報は見当たらないのですが、日高夏祭りにはトイレが3ヶ所用意されます。

来場者が3万2千人訪れるといわれているので、トイレが3箇所ではちょっと心もとない感じがします。

花火大会で一番トイレが混雑するのは、花火の打ち上げ直前です。どうしても、花火の打ち上げ前にトイレを済ませておきたいと思う人が多いためなんですよね。

なので、トイレの混雑を避けるには 花火が打ち上げが始まる30分以上前にはトイレを済ませておきたいところです。