日比谷公園2022花見の混雑状況は?桜の開花予想や見頃も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
お花見時期の日比谷公園での
混雑を避けるおすすめは?
うさぎさん
うさぎさん
平日午前中
土日祝日午前中か夕方以降
 
に行くのがおすすめ!

日比谷公園は東京都千代田区にある公園です。皇居のすぐ隣にあり、最寄り駅は霞ヶ関駅とまさに都心のど真ん中にある公園です。

公園として整備されたのは明治36年で以来およそ120年の間、東京都民の憩いの地として愛されてきたそうです。

日比谷公園の桜はおよそ40本と少ないですが、明治時代から続く公園風景の中で素晴らしい景観を見る人に与えてくれるということです。

そんな日比谷公園にお花見に行きたいけれど混雑してゆっくり桜が見れなかったり、このご時世ですので、密になることで早々にあきらめなければならなかったりすることはないのか、気になる方も多いと思います。

そんな東京の日比谷公園でのお花見のおすすめは以下の通りです。

平日に行くなら午前中がおすすめ!
土日祝日に行くなら午前中か夕方以降がおすすめ!
ティッシュ消毒液を持っていくのがおすすめ!
・日比谷公園のお花見では桜だけではなく、色とりどりの花壇もおすすめ!
車で行くならあきっぱがおすすめ!
日比谷公園のお花見ではシートを敷いてのお花見はできません。
日比谷公園のお花見ではライトアップは行われません。
周囲のビルや街灯、噴水のライトアップで夜桜は楽しめるそうです。
・日比谷公園のお花見では屋台の出店はありません。
東京国際フォーラムではキッチンカーのネオ屋台村があります。
遠方から行くなら楽天トラベルがおすすめ!
スポンサーリンク

日比谷公園2022花見混雑状況は?

日比谷公園にお花見に行くのはいいのですが、桜の周囲や周辺の混雑、どのぐらい密になるのかが心配なところです。

あらかじめ日比谷公園の混雑する時間帯や曜日を知っておけば、混雑や密になるのを避けることができるかもしれませんよね。

そこで、過去の日比谷公園のお花見の混雑の傾向や予想を平日と休日や祝日でまとめてみました。

平日の混雑状況や予想は?

時間帯 混雑状況・予想
午前中 ・混雑情報はない
・お昼に近づくにつれやや混雑する
午後 ・お昼休みを過ごすビジネスパーソンでやや混雑する
・お昼以降はそれほど混雑情報はない
夕方以降 ・仕事帰りに夜桜見物をする人でやや混雑する
うさぎさん
うさぎさん
午前中に行くのがおすすめ!

平日の日比谷公園ではお昼休みの時間以外はそれほど混雑情報はありませんでした。

シートを敷いてのお花見はできませんので、散歩しながらか、ベンチに座ってのお花見になるので、それほど混雑はしないようです。

ただお昼休みの時間になると近くで働くビジネスパーソンがお弁当をもって集まってくるのでやや混雑するということです。

また日比谷公園のお花見ではライトアップはされませんが、周囲のビル街や街灯の灯りで照らされた夜桜を楽しむ方々が仕事帰りに訪れるようです。

休日/祝日の混雑状況や予想は?

時間帯 混雑状況・予想
午前中 ・混雑情報はない
午後 ・日中はやや混雑する
・気温が低くなるにつれて空いてくる
夕方以降 ・大きな混雑情報はない
うさぎさん
うさぎさん
午前中夕方以降がおすすめ!

日比谷公園のお花見では土日祝日も大きな混雑情報はありませんでした。

日中の暖かい時間帯ははやや人出が多く混雑しますが、密になるというほどではないそうです。

夜桜を楽しむ人も都心ということで、平日の方がやや多いという情報もありました。

トイレの混雑状況は?

日比谷公園にはトイレが6ケ所、多機能トイレも6か所あります。

特に混雑していたという情報はありませんでしたが、公衆トイレですので万が一のことを考えて、水に流せるティッシュペーパー携帯用消毒液を持っていくのがおすすめです。

日比谷公園園内マップ

スポンサーリンク

日比谷公園2022花見の桜の開花予想は?

日比谷公園の桜はソメイヨシノが主だそうですので、例年ですと開花時期は3月中旬になると思われます。

3月近くなりましたらこちらからも確認してみてください。

日比谷公園公式Twitter

ウェザーニューズ日比谷公園桜情報

桜の見頃や満開に時期は?

一般に桜は開花から一週間ほどで満開を迎え、その後約2週間ぐらいお花見を楽しめるそうです。

日比谷公園の場合3月下旬から4月中旬までが見ごろになると思います。

また日比谷公園では、3月から4月にかけて桜以外にもネモフィラ、チューリップ、パンジー、ツバキ、レンギョウ、フジ、菜の花などの花が楽しめるそうです。

公園の花壇もゆっくり見てまわられることをおすすめします。

日比谷公園園内マップ

スポンサーリンク

日比谷公園2022花見の駐車場・周辺道路の混雑状況は?

日比谷公園の地下には収容台数463台の大型駐車場があります。

24時間駐車可能ですが、都心のため、ビジネス車両の利用が多いそうです。

名称 収容台数・料金
日比谷駐車場 463台
8時~22時 30分300円
22時~翌8時 30分150円
当日1日最大2,700円

おすすめの駐車場は?

日比谷公園に車でお花見に行く場合、地下駐車場が満車だと近隣の有料駐車場を利用することになるので駐車場が事前予約・決済が出来るあきっぱを利用するのもおすすめです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

日比谷公園2022花見の場所取りは可能?

日比谷公園ではシートを敷いてのお花見はできません。

アルコールも持ち込み禁止となっています。

ルールを守ってお花見を楽しんでください。

日比谷公園2022花見の屋台の出店はある?

日比谷公園のお花見では屋台の出店はありません。

300mほど歩きますが、東京国際フォーラムの地上広場ではお昼時になると世界各国のランチがテイクアウトできるネオ屋台村がオープンしている場合があります。

お昼の用意をしていなければ、ぜひ行ってみてください

東京国際フォーラムネオ屋台村ランチスケジュール

日比谷公園2022花見の基本情報は?

名称 日比谷公園
住所 〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1
電話番号 03-3501-6428
営業時間 終日
休業日 なし
入園料 無料
アクセス方法 電車
・東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関駅」出口すぐ
・東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷駅」出口すぐ
・JR「有楽町駅」から徒歩8分

・首都高速八重洲線の「丸の内出口」すぐ

ライトアップ情報は?

日比谷公園のお花見ではライトアップは行われないようです。

しかし都心のど真ん中のため、公園周辺にはビルの灯りや街灯などがあり、その灯りがライトアップの役割を果たしてくれるそうです。

公園周辺の桜はきれいに見えますが、公園の中心あたりはライトが届かず、暗くなってしまうためあまり遅い時間には行かない方がいいかもしれません。

おすすめスポットは?

日比谷公園のおすすめスポットを紹介します。

日比谷公園 見どころ

雲形池と鶴の噴水

ここで見られる桜が一番美しいという情報が多数ありました。

日本で3番目に古いという鶴の噴水と水面に映った桜がとても趣があるそうです。

大噴水

映画やドラマのロケ地にもよく使われるスポットです。

夜になるとライトアップもされるため、非常に人気があるということです。

松本楼

日比谷公園とほぼ同じ歴史を持つレストランです。夏目漱石や高村光太郎の小説にも登場しているそうです。

お弁当の注文もできるそうなので、日比谷公園のベンチでいただくのもいいですね。

松本楼公式HP

周辺のおすすめスポットは?

日比谷公園周辺のスポットを紹介します。

皇居外苑

皇居外苑は晴れた日には絶好の散歩コースです。足を延ばして反対側まで行くとこちらも桜で有名な千鳥ヶ淵緑道があります。

予約をするか、タイミングさえ合えば皇居内の見学もできます。

詳しくはこちら宮内庁HP

和田倉噴水公園

皇居外苑にある噴水が有名な公園です。

噴水だけではなく、滝やせせらぎなど水と緑の調和が楽しめる公園だそうです。

マイナスイオンがたっぷり吸収できそうですよね

皇居外苑和田倉噴水公園ページ

KITTE

昭和6年に竣工した旧東京中央郵便局の局舎を元に建てられた商業施設です。

グルメやショッピングはもちろん、6階のKITTEガーデンからの景色は絶景だそうです。

KITTE公式HP

お得なおすすめツアーは?

遠方から日比谷公園にお花見に行く際、楽天トラベルを利用すると、移動の交通費がお得になる可能性があります。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。
このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーが予約することが出来たり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

平日に行くなら午前中がおすすめ!

今回は東京の千代田区、都心ど真ん中にある日比谷公園のお花見について記事をまとめてみました。
記事の内容は以下の通りです。

・平日に行くなら午前中がおすすめ!
・土日祝日に行くなら午前中か夕方以降がおすすめ!
ティッシュ消毒液を持っていくのがおすすめ!
・日比谷公園のお花見では桜だけではなく、色とりどりの花壇もおすすめ!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!
・日比谷公園のお花見ではシートを敷いてのお花見はできません。
・日比谷公園のお花見ではライトアップは行われません。
・周囲のビルや街灯、噴水のライトアップで夜桜は楽しめるそうです。
・日比谷公園のお花見では屋台の出店はありません。
・東京国際フォーラムではキッチンカーのネオ屋台村があります。
・遠方から行くなら楽天トラベルがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!