健康で文化的な最低限度の生活の原作の内容は?評判や口コミは?

みなさん、おはようございます。

エライ大層な名前の
ドラマが始まるみたいですね。

そのドラマのタイトルとは
「健康で文化的な最低限度の生活」

これって原作あるんやろか?

原作の内容や評判はどうなんやろ?

ちょっと調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

健康で文化的な最低限度の生活の原作の内容は?

こんな話の原作が
あるんやろか?

早速調べてみました。

新人ケースワーカーの目を通して、生活保護のリアルに迫る青春群像劇。
題名は日本国憲法第25条第1項の条文
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」からとられている。
連載開始以来、各種メディアで取り上げられている。
第1話で自殺した受給者が出たことに悩む主人公に
「1ケース減って良かったじゃん」と慰めるケースワーカーが登場するが、
実際に取材した結果そういうケースワーカーが実在することを耳にしたと柏木ハルコは述べている。
柏木は元々、自己責任論者のようなところがあったが、
湯浅誠(社会活動家)や雨宮処凛(作家)の本などを読んで少しずつ考えるようになった。
「健康で文化的な最低限度の生活」というタイトルは元々思いつきでつけたものだが、
今となっては良いタイトルで、人権をどうとらえるかというのが、
この漫画の最終的なテーマになる、と述べている。
また柏木は、この漫画では生活保護の不正受給といった生活保護問題にも取り組んでいくが、
高校生のアルバイト代の未申告(あらすじで後述)など、
必ずしも明確に悪意があるケースばかりではない。
そのようなケースを描くことで、偏見をなくしていけるかもしれない。
考え方や価値観を押し付けるのではなく、
「問いかけを投げかけるような作品」にしたい。
生活保護制度に対して否定的な考えを持っている方にこそ、
この漫画を読んでほしい、と述べている。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/健康で文化的な最低限度の生活

かなり思い内容の話やんか。

ちょっと見るのがツライかもですわ。

ドラマ化されるぐらいやから
結構評判や口コミがええんやろか?

ちょっと調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

健康で文化的な最低限度の生活の評判や口コミは?

健康で文化的な最低限度の生活の
評判や口コミはどうなんやろ?

早速調べてみました。

今の社会について
考えさせられる内容ですね。

これの評判や口コミが
ええのが正直分かりますわ。

せやけど、
人それぞれの感想があるんやなあと
思わされる作品ですわ。

 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください