速水御舟展(東京)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

著名な日本画家・速水御舟の生誕125年を記念して、東京の山種美術館で「生誕 125 年記念 速水御舟」が開催されます。

速水御舟は40年という短い生涯中で作風を次々と変えたことでも有名な人でもあります。新しい風を吹き込んだ人なんですね。作品の多くは、あまり公開されることがなかったので、幻の画家とも呼ばれておりとか…

普段公開されることが少ない画家の作品が展示されるとなると、心配なのが混雑するのか?だと思うのです。

そんな速水御舟展でおすすめしたいのは、以下の通りになります。

1)基本的には 平日に行くこと。
 
2)混雑する傾向のある会期末は避けて、会期中盤ぐらいまでに行くこと。
 
3)車で行く場合は、あらかじめ駐車場を予約して行く。
 
4)遠方から山種美術館に行く場合は、楽天トラベルを利用する。
 
5)山種美術館で開催中の速水御舟展の帰りに食事をするなら、食べログを利用するのがおすすめ。

 

そこで今回の記事では、なぜそれらがおすすめなのかや、その他の速水御舟展の情報をまとめようと思います。