ハリー・ポッターと魔法の歴史展/東京の予約・混雑状況は?所要時間や撮影も!

スポンサーリンク

2021年12月18日(土)から2022年3月27日(日)までの間、東京ステーションギャラリーで「ハリー・ポッターと魔法の歴史展」が開催されます。

ハリー・ポッターシリーズはイギリスの作家J・K・ローリング氏によって書かれたファンタジー作品です。

その映画作品は「ハリー・ポッターと賢者の石」から始まり、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「ハリー・ポッターと謎のプリンス」「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1」「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」

と続き、その興行収入は、2014年7月21日閲覧で、世界で約8259億円をあげています。ハリー・ポッターが世界中の人々に愛されていることがわかりますよね。

なお、展覧会ではハリーが通ったホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿った、大英図書館の所蔵品を中心とした、貴重な資料が展示されます。

そんな「ハリー・ポッターと魔法の歴史展」。事前に知っておきたい混雑状況等の情報は、以下の通りです。

10時〜11時の間に行くのがおすすめ!
16時以降に行くのがおすすめ!
日時指定icon制になっているので事前予約はお早めに
・本展限定のフェニックスグッズ等があり
・所要時間は1時間30分〜2時間
最終日や会期末は避けるのがおすすめ