ハプスブルク展(東京)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

東京都・国立西洋美術館で2019年10月19日から開催されるハプスブルク展ですが、館内の混雑や遠方から国立西洋美術館へどうしたら安く行けるのかなど、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

館内が混雑すると、展示作品がゆっくりと観ることが出来ませんし、交通費の出費が多くなると、あとあといろいろとツライものがあります。

そんな国立西洋美術館で開催されるハプスブルク展でおすすめしたいのは以下の通りになります。

1)基本的には、 平日にいく(金曜の夜間開館もおすすめ)
 
2)入館をスムーズにするためにチケットiconは予め購入しておくのがおすすめ
 
3)混雑する会期末を避けて、なるべく会期の早い時期に行く
 
4)車で行く場合は、あらかじめ駐車場を予約しておくのがおすすめ
 
5)遠方から国立西洋美術館に行く場合は、楽天トラベル高速バス利用するのがおすすめ
 
6)ハプスブルク展鑑賞後に食事に行くなら、食べログで予約するのがおすすめ
 
7)交通費や食事代を決済するなら楽天カードがおすすめ

 

今回に記事では、なぜそれがおすすめなのかや、その他のハプスブルク展の情報をまとめてみようと思います。