双子座流星群2018神戸はいつ?方角や時間帯を調査!

(※この記事は2018年11月18日更新されました。)

みなさん、こんばんわ。

沖縄から帰ってきました。
沖縄は本土と違って
熱いですね。

僕は沖縄に行くのが
初めてやったんやけど、
正直なめてましたね。

あそこまで、
熱いとは思ってませんでした。
普通に汗だくになりました…

沖縄に行っているときには
しし座流星群も観れたんですね。
僕は酔いつぶれてましたが…

そこで12月に観測が出来る
双子座流星群の記事を
書こうと思います。

双子座流星群(2018神戸)

・いつなのか?
・方角
・場所

を調査したいと思います!

スポンサードリンク

双子座流星群(2018神戸)とは?

双子座流星群は
年間三大流星群の一つ
なのです。

 

おたまじゃくしくん
有名な流星群です〜。

 

さらに、一晩で見られる
流星群としては年間最大の
流星群でもあります。

何でも条件が良かったら
500個も流星を見ることが
出来るとか…

1時間あたりの流星の数が
大体40〜60個なんです。
ほんまに多いときは
100個の流星が見れるときも
あるんですよ。

観測する時期が12月なので
空気が澄んで観測するチャンスが
高そうですね。

スポンサードリンク

双子座流星群(2018神戸)はいつ?

2018年の双子座流星群の
観測時期はいつなんやろ?

双子座流星群の出現時期は
12月7日~12月17日なんです。

その期間の中でも
おすすめの観測日は
以下の通りになります。

12月13日日没後~14日日の出
12月14日23時頃~15日日の出

 

かえるさん
2日間もあるで、あります。

 

おすすめの観測日やけど、
12月15日に日付が変わった頃が
一番おすすめなんですよ。

双子座流星群(2018神戸)の時間帯は?

2018年の双子座流星群の
方角はどうなんやろ?

夜空はめちゃめちゃ広いので
探すのが大変なんですよね…

方角が分かれば探すのが
楽になると思うんですよね。

 

かえるさん
探すのが楽で、あります。

 

ちょっと調べてみたのですが、
流星群を見るのに方角は
あまり関係があらへんのですわ。

なぜかというと、
流星群は放射状に四方八方に
星が流れるのでどこを
見ていても見えるんですよ。

僕のおすすめの観測方法は、
寝転がって観測することです。

その他には 高い建物がなく
街明かりの影響が少ないところが
おすすめです。

 

 

 

双子座流星群を寝転がって
観測するのに役に立つのが
レジャーシートです。

地面にそのまま寝転がるのは
抵抗があると思うんですよね。

服も汚れるし、
何より地面が冷たいと
思うんですよね。

そんな問題を解消するのに
おすすめなのがレジャーシート
なのです。

こちらのレジャーシートは
小さく折りたためて、
ケースに入れて持ち運びが
めちゃめちゃ簡単なのです。

双子座流星群の観測に
こちらのレジャーシートは
いかがでしょうか?

最安値を検索!

双子座流星群(2018神戸)の場所は?

神戸で双子座流星群を
観測できる場所はあるんやろか?

過去の情報を調べてみると、
神戸市内では 摩耶山掬星台
おすすめという情報が
ありました。

 
摩耶山掬星台
住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2−2

 

おたまじゃくしくん
街明かりがキツイです〜。

 

流石に神戸市内は
街明かりの影響が
あるんですよね…

そこで、神戸市内以外では
以下の場所がおすすめなのです。

兵庫県立西はりま天文台公園
住所:兵庫県佐用郡佐用町西河内407−2

 

 

三田市野外活動センター天体観測所
住所:兵庫県三田市小柿949

 

 

砥峰高原
住所:兵庫県神崎郡神河町川上

 

 

ここで紹介した場所は
山間部になるんで
防寒対策を忘れずに!

 

 

 

山間部で流星群を
観測するときに
重要なのが防寒対策です!

夜間の山間部は
めちゃめちゃ冷えるのです。

しっかりと防寒対策をしないと、
体調を崩す原因になると思います。

そこでおすすめなのが
こちらのアウターです。

最安値を検索!

まとめ

いかがでしたか?

今から双子座流星群の
観測が楽しみですね。

観測時は大声で騒いで、
周囲の人に迷惑を掛けない
ように注意して下さい。

双子座流星群を観測中は
防寒対策を忘れずに!

 
 
 
 
 
最後までお読み頂き
ありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事