目元のクマを防ぐ予防法とは?原因と解消法も紹介!

eyebear-prophylaxis-cause-solution

疲れていたり、寝不足であったりすると現れる目元のクマ。

暗い印象を与えてしまいますし、年齢よりも上に見られてしまうこともありますし、出来ることなら防ぎたいものだと思います。

そこで今回は、目元のクマの予防法や原因、解消法について紹介をしていきたいと思っていますので、興味のある方は是非参考にしてもらえればと思っています。

 


 
スポンサードリンク

目元にクマが出来る原因

まず、目元にクマが出来る原因から紹介をしていきます。

目元のクマ、実は1種類だけでなく、茶クマ、黒クマ、青クマと3つに分類することが出来て、当然それぞれの原因も異なります。

茶クマは、メラニンや色素の沈着、角質の肥厚が原因でクマができます。

また、黒クマは肌のハリや弾力が低下してたるみができることでできますし、青クマは睡眠不足などによって目の周りの血行が悪くなることでできます。
 
 
 

目元のクマを防ぐ予防法とは?

スポンサードリンク

次にそれぞれの予防法をまとめていきます。
 
 

茶クマ予防法

まず、茶クマですが、予防法は非常に簡単で、紫外線対策をしっかりとするということになります。

日焼け止めや日傘、サングラス、帽子などを利用して、紫外線を防ぐことが予防につながるのです。

また、洗顔時に目元は強くこすり過ぎないということも予防法ですし、ビタミンCを意識して摂取することも予防につながります。
 
 

黒クマの予防法

次に黒クマの予防法ですが、加齢とともに肌のハリや弾力が衰えますので、ハリや弾力の衰えを予防するために、顔の筋肉を強化したり、むくみになりやすい飲食を控えたりすることで、加齢に負けない肌を作る必要があります。

3つのクマの中では予防するのが一番難しいかもしれませんが、女性の方は特に意識して頑張ってみてくださいね。
 
 

青熊予防法

最後に青クマですが、原因は睡眠不足が大きいので、しっかりと睡眠を確保するということが一番の予防になります。

また、寝る直前のスマホを控えたり、目に優しいブルーベリーなどを摂取することも予防になると言われています。

目の疲れやすい現代ですので、眼精疲労にならないよう、休憩時間を確保したり、しっかりとケアすることが必要になります。
 
 
 

目元のクマの解消法

最後にクマが出来てしまった時の解消法を紹介したいと思います。

まず青クマですが、ホットタオルを目元にあてて軽くマッサージをするのがお勧めの方法になります。

この時に、指に力を入れ過ぎないようにするのがポイントになりますので、優しくマッサージをしてくださいね。

黒クマについては、エイジングケア用のアイクリームなどを使うのが効果的になります。

eyebear-prophylaxis-cause-solution

なかなかすぐには解消されないので、根気よく使い続けることが大切で

最後に茶クマですが、直接的に解消するというのが難しく、メラニンの生成を抑制する化粧品を使うというのが一番の方法になります。

取り除くといよりかは、追い出すという作業になっていきますが、個人差はありますが、目元のクマが気にならなくなったという口コミなんかもよく読みますので、試してみてもらえればと思っています。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

    関連記事が見つかりません

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください