ドラえもん50周年展(神奈川)の混雑状況は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

ドラえもん50周年展(神奈川)の詳細は?

神奈川県の藤子・F・不二雄ミュージアムで開催されるドラえもん50周年展の詳細は以下の通りになります。

期間:2020年2月8日(土)~2021年1月31日(日)
・展示室Ⅰ:2020年2月8日(土)~2021年1月31日(日)
・展示室Ⅱ:前期:2020年2月8日(土)~4月20日(月)
      後期:4月22日(水)~7月6日(月)
開催時間:10時〜18時
休館日:火曜日
場所:藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号

見どころは?

ドラえもん50周年展の見どころを簡単にまとめてみました。

1970年に『ドラえもん』に誕生しました。
1974年に初めて単行本化されて以降、子どもたちの間でめちゃくちゃ人気になります。さらに、1979年にテレビアニメ化され放送がスタートします、その後、1980年には劇場版として全国で放映され、全国で愛される存在となった「ドラえもん」

ドラえもん50周年展は、そんなドラえもんの魅力を振り返る展覧会となってます。

ドラえもん50周年展の展示室Ⅰでは原画が展示され、展示室Ⅱでは「笑える話」と「怖い話」をテーマにした原画展示されます。
さらに、Fシアターでは2作品のショートムービーが放映されたり、ミュージアムカフェやミュージアムショップも楽しめる展覧会となってます。

チケットは?

藤子・F・不二雄ミュージアムで開催されるドラえもん50周年展のチケット(入館料)の詳細は以下の通りになります。

入館料当日団体
一般900円600円
大学生500円200円

 

券種入館チケット入館チケット(グッズ付き)
大人・大学生1000円2000円
中学・高校生700円1700円
4歳〜小学生500円1500円

 

ドラえもん50周年展のチケットは全国のローソンiconから購入可能です。
入館指定時間の展覧会になるので、あらかじめチケットiconを買っていくのがおすすめです。

→ドラえもん50周年展のチケットをかしこく買うならこちら!icon

アクセス方法は?

ドラえもん50周年展の会場の藤子・F・不二雄ミュージアムへのアクセス方法は以下の通りになります。

・小田急:シャトルバスを運行予定
・JR 登戸駅:シャトルバスを運行予定
・小田急 向ヶ丘遊園駅:徒歩約16分
・JR 宿河原駅:徒歩約15分

 

遠方からドラえもん50周年展の会場の藤子・F・不二雄ミュージアムへ行くのに楽天トラベル高速バスなどで交通費を節約するのも一つの手段でおすすめです。

駐車場は?

ドラえもん50周年展の会場の藤子・F・不二雄ミュージアムには専用の駐車場はありません…基本的には公共交通機関を利用して行くのがおすすめです。

ですが、中には車で藤子・F・不二雄ミュージアムへ向かう方もいると思います。そんな場合は近隣の駐車場を利用することになるかと思います。

そんな場合、心配なのが駐車場が空いているか?だと思います。
そこでおすすめなのが、駐車場が予約出来るあきっぱ!を利用することです。
駐車場があらかじめ予約出来るので、駐車場の空きを心配する必要が無いのでおすすめです。

→あきっぱ!で駐車場をかしこく予約するならこちら!

まとめ

今回の記事では、神奈川県の藤子・F・不二雄ミュージアムで開催されるドラえもん50周年展を紹介しました。

ドラえもん50周年展の混雑を避けるには、夏休みや春休みなどの休み期間中ではない平日の10時から行くのがおすすめです。
また、平日の16時からも狙い目です。館内の滞在時間は短いですが、段々と館内が空いていくのでおすすめです。

休日に行く場合は、ミュージアムカフェの整理券をもらうのを忘れないようにして下さい。

それではお気をつけて!