ダムタイプ展(東京)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

ダムタイプ展(東京)の混雑状況は?

東京都現代美術館で開催されるダムタイプ展で重要なことがあります。それは、会場内の混雑です。

会場内が混雑すると、会場内を移動するのが大変ですし、人混みの中から、作品を見るのはちょっとツライものがあります。

そこで、会場の東京都現代美術館の過去の混雑の傾向を平日と休日や祝日でまとめてみました。

平日の混雑状況

・金曜日の夕方に東京都現代美術館に行ってきた!
混雑もなくゆったりと鑑賞できて最高の時間を過ごしました。

・東京都現代美術館で芸術鑑賞へ。
見どころいっぱいで、平日でもやや混雑気味。

・今日は東京都現代美術館に行きました。
特別展が始まったばかりだったので平日とは思えない混雑でした。楽しかった〜!

・平日に休みが取れたので、東京都現代美術館へ行ってきました!
明日までなので予想通りの混雑でした。行けてよかった!

平日の東京都現代美術館の混雑状況ですが、過去の傾向を見ると人気のある企画展は平日でも混雑するので注意が必要です。

基本的には 平日に行くのがおすすめですね。

企画展中は、会期末に行くよりも会期中盤ぐらいまでに行くのも忘れずに。

祝日/休日の混雑状況

・東京都現代美術館へ行ってきました!
超人気企画展だったので混雑し過ぎて動けないほどでしたが、すごく楽しめました!

・日曜日に東京都現代美術館へ。
予想通りの混雑でチケット購入も大行列だったので、事前購入をオススメします!

・東京都現代美術館をのぞきに行きました。
雨の休日でしたが、身動きとれない程の混雑・・・。内容はすごく良くて大満足です!

休日や祝日の東京都現代美術館の混雑状況ですが、それなりの混雑があります。特に会期末が近づいてくると、混雑しやすい傾向がありますね。

展覧会は会期末が混雑する傾向があるので休日や祝日に行くのであれば、 会期中盤ぐらいまでには行きたいところです。