建築と社会の年代記(神戸)の混雑状況はや待ち時間は?駐車場やチケットも!

スポンサーリンク

兵庫県の神戸市立博物館で特別展「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」が、2020年1月11日〜3月1日まで開催されますが、館内の混雑や駐車場を心配する人も中にはいるのではないでしょうか…

館内が混雑すると、ゆっくりと展示作品を観ることは出来ませんし、空いている駐車場を探すのは意外と時間が掛かり、時間がもったいないです。

そんな神戸市立博物館で開催される建築と社会の年代記でおすすめしたいのは以下の通りになります。

1)じっくりと鑑賞するなら、 平日に行くのがおすすめ!
 
2)休日に行くなら、 次の日が平日の午後に行くのがおすすめ!(土曜の夜間開館の時間帯もおすすめ)
 
3)入館をスムーズにするために、あらかじめチケットiconを買っておくのがおすすめ!
 
4)会期末は混雑する可能性が高いので、避けるのが無難!
 
5)館内を長時間歩くことになるので、フラットシューズなどの足元が安定する靴を履いていくのがおすすめ!