画家が見たこども展の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

スポンサーリンク

2020年2月15日から6月7日まで、東京の三菱一号館美術館で開館10周年記念 画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」が開催されます。

画家が見たこども展ではゴッホやボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットンなどのナビ派の画家たちの作品が約100点展示されることから、多くの方が訪れる可能性があります。
会場があるのが、東京なので館内はめちゃくちゃ混雑するかもです…

そんな三菱一号館美術館で開催される画家が見たこども展でおすすめしたいのは以下の通りになります。

1)平日の 午後に行くのがおすすめ!
2)金曜や第二水曜の 夜間開館がおすすめ!
3)休日や祝日は 午後から行くのがおすすめ!
4)チケットiconはあらかじめ買っていくのがおすすめ!
5)会期末は避けるのがおすすめ!

今回の記事ではなぜそれらがおすすめなのかや、その他の画家が見たこども展の情報をまとめてみたいと思います。