ニンジン(人参,にんじん)の栄養素や成分とは?簡単な調理法も紹介!

carrot-part-nutrients-efficacy-recipe

ウサギやお馬さんは大好きだけれども、子供には嫌いと言われてしまうことが多い野菜の人参、大人になっても苦手という人、実は少なくはないのではないでしょうか。

しかし、人参の栄養素や成分などを知れば、きっと嫌いでも食べたくなるはずですので、簡単な調理法も併せて紹介をしていきたいと思います。

 


 
スポンサードリンク

ニンジン(人参,にんじん)の栄養素や成分とは?

それでは、早速人参の栄養素た成分から見ていきたいと思いますが、人参の栄養素や成分で代表的な物は、ビタミンA(カロチン)、カリウム、食物繊維となっています。

人参は言わずも知れた緑黄色野菜の仲間ですので、カロチンは多く含まれています。

そして意外に思われる方も多いかもしれませんが、カロチンは人参の皮の部分に多く含まれているのです。

人参は皮をむいて食べるという人が多いと思いますが、皮をむかなくても食べることが出来ますので、栄養素を逃がさないためにも、そのまま食べることをお勧めしておきます。

またカリウムですが、カリウムの働きは体内の余分な塩分を排出するという非常に重要な働きを担っているので、このカリウムも身体の健康のために欠かすことができない栄養素だと私自身は思っています。

最後に食物繊維ですが、これはみなさんご存知の便秘解消にも効果のある栄養素で、腸の動きを活性化させる効果があります。

便秘気味の人、腸の動きが悪いと感じている人には積極的に摂取してもらいたい栄養素になります。

スポンサードリンク

人参の代表的な栄養素や成分について紹介をしましたが、特筆すべきはやはり、人参に含まれるビタミンA(カロチン)の量になります。

カロチンは身体の免疫力を高める働きもあれば、がんを抑制する働きもあると言われています。

さらに皮膚や粘膜を正常に保つ作用もあると言われていますので、喉や鼻などの粘膜を強め、細菌感染を防ぎやすくすることで風邪の予防にもつながるのです。

他の野菜に比べても圧倒的にカロチンを摂取することができる野菜ですので、これまで人参は嫌いと避けてきた人も、絶対食べておいた方が健康的だと思います。
 
 
 

ニンジン(人参,にんじん)の簡単な調理法とは?

そんな人参の簡単な調理法も紹介しておきます。

まず、洗い方からおさえておきますが、ボウルに水を入れて、その中で手洗いをしてから、水気をとります。

へたのまわりは特に泥がたまりやすいので、手で丁寧に洗ってください。

まさ先ほども少し触れましたが、皮をむいてしまうとカロチンが一緒に捨てられてしまうことになりますので、皮はむかずにそのまま使うようにします。

人参料理と言えば、カレーやシチュー、煮物などを思い浮かべる人が多いと思いますが、最近流行っているのが、もともとは沖縄料理で細切りにした人参と卵を炒める、にんじんしりしりなんかも栄養もたっぷり調理も非常に簡単でお勧めですよ。

基本は卵と人参ですが、ツナを合わせたり、さまざまなアレンジレシピもありますので、にんじんしりしりでたっぷり栄養をとってくださいね。
carrot-part-nutrients-efficacy-recipe

スポンサードリンク

 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

    関連記事が見つかりません

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください