部分日食2019(1/6)神戸での見え方や時間は?気になる天気も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

(※この記事は2019年1月5日更新されました。)

2019年1月6日に
ある天体現象があるんですね。

その天体現象とは 部分日食です。

休日ということもあり、
めちゃめちゃ都合もええと
思うんですよね。

今回の記事では
そんな部分日食について
記事を書こうと思います。

部分日食2019(1/6)神戸

・見え方
・時間
・天気

について調査したいと思います!

部分日食とは?

まず、最初に部分日食について
紹介します。

部分日食とは、
太陽の一部が月に隠れる
現象のことを言います。

皆既日食では、
太陽と月が一直線に並ぶため
太陽がすっぽりと隠れます。

部分日食では
太陽と月が一直線ではないため
部分的に隠れます。

日食の種類は
主に3種類あります。

・部分日食
太陽の一部分が隠れる

 

・皆既日食
太陽がすべて隠れる

 

・金環日食
太陽と月がちょうど重なり
太陽の外側がリング状に
見える現象

 

ちなみに2019年日本では
日食が2回観測できます。

・2019年1月6日
・2019年12月26日

1年で2回日食が観測できるのは
27年ぶりのことなので、
ぜひ観測してみてはいかがでしょうか。

部分日食2019(1/6)神戸の時間は?

今回の記事で紹介する
部分日食の日時は
2019年1月6日です。

細かい時間ですが、
太陽が欠け始めるのが
午前8時30分頃〜9時ぐらいです。

一番太陽が掛けるのは
午前10時ぐらいとなります。

もっと詳細な時間が
国立天文台から発表されてます。

・食の始め
8時34分07秒

・食の最大
10時41分27秒

・食の終わり
12時48分49秒

 

神戸で観測するのに
一番ええのは10時半ぐらい
がええと思います。

休日なので、
ちょっと朝起きるのが
遅くても大丈夫ですね。

部分日食2019(1/6)神戸の方角は?

部分日食の方角ですが、
太陽がある方向なので
すぐに見つかると思います。

おおよその方角は
南東から南の方角になります。

一つだけ注意点が
あるんですよ。

それは太陽の高度が
あまり高くないんですね。

冬至から2週間ぐらいしか
経ってないので太陽の高度が
低いんですね…

高度は 約15度から
30度ぐらい
になります。

周辺に高い建物があると
見えない可能性もあるかもです。

部分日食2019(1/6)神戸の観測方法は?

2019年1月6日の部分日食は
全国的に観測出来ると言われてます。

太陽の欠け方ですが、
北の方に行くほど大きくなり、
南の方に行くと小さくなります。

詳細は国立天文台の
公式サイトで確認しましょう。

神戸の欠け具合は
真ん中より若干少ない
ぐらいになりそうですね。

部分日食を観測する注意点は
絶対に肉眼で太陽を見ないことですね。

その他の注意点は
国立天文台のサイトに
記載されてますね。

簡単にまとめてみます。

・肉眼で見ない
・望遠鏡や双眼鏡で見る
・下敷きやCDを使って見る
・フィルムを使って見る
・すすを付けたガラス板で見る
・サングラスやゴーグルで見る
・日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡で見る

 

日食グラスを使って
観測することをおすすめします。

部分日食2019(1/6)神戸のシュミレーション動画!

今回の部分日食の
シミュレーション動画を
紹介します。

神戸の部分日食の
シミュレーションは
ありませんが参考までに
御覧ください。

部分日食2019(1/6)神戸の天気は?

2019年1月6日当日の
気になる天気はどうなんでしょうか?

気象庁の天気予報を
見てみましょう。

 

何とも微妙な空模様ですね…
雨が降らないからマシかもですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では
部分日食について
紹介させて頂きました。

部分日食を観測するときは
肉眼で見るなどの注意点を
守って観測して下さい。

 
 
 
 
 
最後までお読み頂き
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る