息をのむ繊細美切り絵アート展(2018茨城)の混雑状況は?グッズを調査!

みなさん、おはようございます。

8月に入り暑い日が続いてますよね。

夏バテとかしてませんか?

僕は既にバテバテですわ…

こんな暑いは空調の効いた美術館でええ絵画を見ながら涼むのもええと思うんですよ。

ちょっと先の話やけど、おすすめの展覧会があるんですよ。

その展覧会とは、 息をのむ繊細美切り絵アート展です。

切り絵というと、蒼山日菜さんが思い浮かびますね…

息をのむ繊細美切り絵アート展の混雑状況やグッズを調査したいと思います!

スポンサードリンク

息をのむ繊細美切り絵アート展(2018茨城)の詳細は?

息をのむ繊細美切り絵アート展の詳細はどんな感じやろ?

早速、調べてみたいと思います。

息をのむ繊細美切り絵アート展の詳細

日程:2018年9月29日(土)~12月16日(日)
場所:しもだて美術館
住所:茨城県筑西市丙372
開館時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌休館)

かえるさん
意外と交通の便が良さそうな会場で、あります。

地図で見る限り、交通のアクセスはかなりええ感じやと思うんですよ。

アクセス方法を調べてみたいと思います。

アクセス方法

公共交通機関の場合

JR水戸線・関東鉄道常総線・真岡鐵道真岡線下館駅北口下車:徒歩約8分

おたまじゃくしくん
わーい、駅からかなり近いです〜。

車で会場に行く場合はこんな感じですわ。

車の場合

・ 北関東自動車道[桜川筑西IC]から国道50号で約20分
・ 東北自動車道経由―北関東自動車道[真岡IC]から国道294号で約40分
・ 常磐自動車道[谷和原IC]から国道294号で約1時間

かえるさん
車で行くのはいいでありますが、駐車場があるのかが気になるで、あります。

会場となるしもだて美術館に駐車場があるのか、周辺の駐車場を利用することになるのか調べてみたいと思います。

駐車場

しもだて美術館駐車場

収容台数:96台
駐車料金:無料

おたまじゃくしくん
わーい、駐車場があるです〜。

会場となるしもだて美術館には地下駐車場があるんですよ。

入り口はしもだて美術館の裏側にあります。

かえるさん
駐車場が満車になる可能性があるかもなので、公共交通機関を利用したほうがいいで、あります。

最後に入館料はこんな感じですね。

入館料

一般:700円
団体(10人以上):650円
高校生以下:無料

おたまじゃくしくん
意外と入館料が良心的な価格です〜。

意外と安い入館料なので、足を運ぶのもええかもですね。

スポンサードリンク

息をのむ繊細美切り絵アート展(2018茨城)にグッズはあるの?

息をのむ繊細美切り絵アート展やけど、一つめちゃめちゃ気になることがあるんですよ。

それはグッズはあるんやろか?ということですわ。

おたまじゃくしくん
わーい、展覧会のグッズ楽しみです〜。
かえるさん
展覧会と言えば、限定グッズが楽しみで、あります。

ちょっとその辺りを調べてみたいと思います。

しもだて美術館で開催のグッズについての情報は見当たりませんわ…

せやけど、過去に似たような展覧会が福岡で開催されていたんですよ。

ということは、福岡で開催されていたときのグッズが販売される可能性が高いんですよ。

ツイッターで検索すると、出てきましたわ。

調べてみると、福岡の会場では以下のものが販売されてました。

クリアファイル:400円
バッグハンガー:1080円
トートバッグ:1500円
LEDルーペ:1300円
ガラスマグネット:400円

ひょっとしたら、まだまだあるかもですね。

 
 
 

展覧会に行くときに必要なショルダーバッグはいかがでしょうか??
 
貴重品やスマホなど必要なものを出し入れするのが便利なのと、人混みの間も楽にすり抜けることが出来ると思うんですよ。
 
そんなおすすめのショルダーバッグはこちらです!
 
最安値を検索!

息をのむ繊細美切り絵アート展(2018茨城)の混雑状況は?

息をのむ繊細美切り絵アート展で非常に気になることがあるんですよ。

それはどのくらい混雑するかですわ。

おたまじゃくしくん
せっかく会場に行っても混雑していたら台無しです〜。
かえるさん
出来るだけ、混雑していない時間帯を狙うで、あります。

会場となるしもだて美術館の過去の混雑状況をちょっと調べてみたいと思います。

ツイッターで検索したんやけど、あんま大きな混雑はあらへんみたいですね。

おたまじゃくしくん
わーい、ゆっくりと見れるです〜。
かえるさん
都会の美術館と違い、地方の美術館のいいところで、あります。

そこそこ有名な画家の展覧会でも、めちゃめちゃゆっくりと堪能でいるとか…

これが東京の美術館やったら、ほんまシャレになりませんわ…

僕の個人的なおすすめやけど、 いつでも気軽に行けると思います。

まとめ

いかがでしたか?

今から息をのむ繊細美切り絵アート展が楽しみですね。

ほんまにゆっくりと観たいという人は平日がおすすめですね。

 
 
それではお気をつけて!
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事