頭脳王の河野玄斗や松丸の勉強法は?気になる生い立ちとは?

brain-king-gengen-matumaru-study-method-early-life

今回の記事のタイトルは、頭脳王の河野玄斗や松丸の勉強法は?気になる生い立ちとは?です。
 
河野玄斗さんと松丸さんの勉強法や生い立ちについて調べてみたいと思います。
 

 


 
スポンサードリンク

河野玄斗さんの生い立ちとは?

河野玄斗さんことげんげんさんは、日本で1番難しいと言われている東京大学理科三類に通われています。
 
brain-king-gengen-matumaru-study-method-early-life
 
出身高校の方は、神奈川県立聖光学院高校です。
 
ちなみにこちらの高校は、中高一貫校だそうです。
 
偏差値が大体71ぐらいと言われています。
 
この学校を受験した理由は、第1志望の学校に落ちたからという意外な理由だそうです。
 
さらに、東京大学在学中に司法試験に合格するなど、かなりの秀才です。
 
見た目のルックスもかなり良く、第30回のジュノンスーパーボーイコンテストでベスト30入を果たされました。
 
このジュノンスーパーボーイコンテストでグランプリからは、有名人が多数出ていますね。
 

第2回グランプリ 武田真治
第4回グランプリ 袴田吉彦
第6回グランプリ 伊藤英明
第14回グランプリ 小池徹平

 
いつの日か、河野玄斗さんも芸能界デビューされるかもしれませんね。
 
河野玄斗さんの幼いころはどうだったんでしょうか?
 
実は、幼い頃からスゴかったようですね。
 

生後半年で文字を指でなぞる。
生後10ヶ月でアルファベットを理解
1歳のころには、数学や文字に興味を抱く
3歳で足し算・引き算を修得
小学3年生で微分・積分を含む公文高校数学をの基礎課程終了

 
これは、天才というよりは神童と言って良いのではないでしょうか。
 
ここまでくるのは、両親の影響もあったのではないでしょうか。
 
父親が東大出身の銀行マンで母親が個人経営の塾をされているそうです。
 
この両親の教育方針が素晴らしいものだったのかもしれませんね。
 
 
 
 

河野玄斗さんの勉強法とは?

スポンサードリンク

河野玄斗さんの勉強法とはどのようなものなのでしょうか?

幼い頃は、公文式に通われていたそうです。

ちなみに、東大理三に受かる人の3分の2は幼少期に公文式に通っていたという話もあるそうです。

授業では一切ノート取らなかったそうです。

授業で全て消化するつもりで、最初から聞いていたそうです。

河野玄斗さんは、ツイッターで勉強についてこのように述べています。


 


 


 
河野玄斗さんの哲学のようなものを感じますね。
 
 
 

松丸さんの生い立ちとは?

松丸亮吾さんの生い立ちとはどのようなものなのでしょうか?
 
brain-king-gengen-matumaru-study-method-early-life
松丸さんは、現在東京大学工学部に通われています。
 
高校の方は、東京の麻布高校だそうです。
 
この学校は中高一貫校で、高校では生徒を一切募集しない完全な中高一貫校です。
 
東大の謎解きイベントを制作する集団Another Vison(アナザービジョン)に所属されています。
 
この集団に所属するキッカケは、マジカル頭脳パワーなどのクイズやなぞなぞが大好きだったのと、
 
問題をといていくうちに、自分でも謎解きを作りたいという気持ちからのようですね。
 
幼い頃の松丸亮吾さんの話を検索してみましたが、詳しい情報は得られませんでした。
 
 
 

松丸さんの勉強法とは?

松丸さんがどんな勉強法をしているのか気になりませんか?
 
調べてみると、松丸さんの勉強法は独特ですね。
 
ノートの取り方ですが、一行全て使わずにノートの真ん中に線を引くそうです。
 
なぜ線を引くかというと視覚に入りやすくするためだそうです。
 
そのノートに原因や解説などを書き込むようですね。
 
赤ペンで間違えた箇所を書き、再発を防止するそうです。
 
1日10時間勉強するという自分ルールを決め、
 
10時間勉強したらご褒美を自分に与えるということをされていたそうです。
 
この辺りは、非常に参考になりますね。
 
意外と努力家の一面が非常に好意的ですね。
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください