熱田神宮2023初詣の混雑状況や駐車場は?屋台や参拝時間も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
初詣時の熱田神宮の混雑を
避けるおすすめは
うさぎさん
うさぎさん
早朝16時以降
5日以降に行くのがおすすめ!

熱田神宮は、三種の神器の一つである草薙神剣を御神体として祀る由緒ある神社で、初詣には毎年約200万人以上の人が訪れる、東海地方ではとても有名な神社です。

また、名古屋のパワースポットしても有名で、弘法大使が手植えしたと言われている大楠や草薙神剣を御神体として祀っている本宮をはじめ、多くのパワースポットが存在します。

ということは・・・混雑は必至。。。

ですが、熱田神宮は24時間参拝が可能ですので、混雑の少ない穴場の時間帯を知っていれば待ち時間を極力減らして参拝する事もできます。

そこで今回は熱田神宮の初詣の混雑状況や時間帯、屋台などの情報を記事にまとめていきます。

熱田神宮へ初詣へ行く際におすすめしたいのは以下のとおりです。

24時間参拝が可能!
午前中の早い時間帯に行くのがおすすめ!
夕方16時以降に行くのがおすすめ!
・年末年始の社務所は23時まで開いている!
・屋台を楽しみたいなら、三が日の昼間がおすすめ!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!

スポンサーリンク

熱田神宮/愛知2023初詣の混雑状況は?

愛知の熱田神宮に初詣に行くのに境内がどのくらい混雑するのかや、コロナの影響もあるので混雑してどのくらい密になるのかが気になる方も多いのではないでしょうか。

情報によると、熱田神宮の初詣参拝者数は日本全国の初詣参拝者数、寺社ランキングでも7位か8位にランクインするほど。

特に「三が日」に集中するということで・・・混雑は必須となります。

ですが、その中でも混雑を回避できる時間帯などがあるはず!

そこで、過去の熱田神宮の初詣の混雑状況を調べてまとめてみました。

過去の混雑状況

日付 午前の混雑傾向 午後の混雑傾向
12月31日 ・大きな混雑の情報はない ・22時頃から人が増え始める
・23時にはかなりの混雑
1月1日 ・日付変更直後から3時頃まで混雑する傾向
・3時30分頃から一旦落ち着く
・再び10時頃から混雑し始める
・お昼頃から15時頃まで混雑する傾向
・16時頃から落ち着く
1月2日 ・早朝から9時頃までは比較的空いている
・10時頃から混雑し始める
・お昼頃から15時頃まで混雑する傾向
・夕方は比較的落ち着いている
1月3日 ・早朝から9時頃までは比較的空いている
・10時頃から混雑し始める
・お昼頃から15時頃まで混雑する傾向
・夕方は比較的落ち着いている
1月4日以降 ・4日は10時頃から人が多くなる傾向
・5日は「初えびす」で0時から3時まで混雑する
・5日の日中からは大きな混雑の情報はない
・4日はお昼頃から15時頃まで混雑する傾向
・5日に「初えびす」がある為、4日の22時頃から混雑する
・それ以外は大きな混雑の情報はない
うさぎさん
うさぎさん
朝早い時間帯夕方以降に行くのがおすすめ!

熱田神宮の境内は終日解放されており、24時間参拝が可能です。

熱田神宮の初詣の混雑の傾向ですが、「三が日」は10時頃から15時頃が混雑するようなので、午前中の早い時間帯夕方16時以降に行くのがおすすめです!

4日を過ぎるとだいぶ混雑も落ち着く傾向ではあるようですが、1日5日は熱田神宮の例祭である「初えびす」の日であり、福熊手や福箕、御札授与の「1番札」を狙う参拝客で大混雑するようです。

4日22時頃から5日の3時頃が混雑のピークのようなので、混雑を避けて参拝に行くなら、5日以降に行くのがいいかもしれません。

過去のトイレの混雑状況は?

熱田神宮のトイレは10箇所ほどあるようです。

参拝の列に並び始めるとなかなか行けないので、並ぶ前に行っておくことをおすすめします。

公衆トイレですので万が一に備えてティッシュ消毒液を持って行っておくと安心ですね。

トイレの場所はこちらで確認してください。

熱田神宮/愛知2023初詣の混雑避けるおすすめは?

熱田神宮の初詣で混雑を避けるおすすめは以下の通りになります。

・午前中の早い時間帯に行くのがおすすめ!
・夕方16時以降に行くのがおすすめ!
・5日以降に行くのがおすすめ!

熱田神宮/愛知2023の混雑状況のリアルタイムは?

今日、今から熱田神宮に行きたいけれど、リアルタイムの境内などの混雑状況を知りたい方も多いと思うんですよね。

リアルタイムの混雑状況の検索方法として、以下の方法をおすすめします。

Twitterでリアルタイムの混雑状況を確認

Twitterの検索で「熱田神宮」などの検索キーワードを入力して検索して下さい。

検索キーワード入力後に「最新」の項目をクリックすると、最近のツイートを確認することが出来ます。

→Twitterで熱田神宮の状況を確認する!

Googleマップでリアルタイムの混雑状況や交通状況を確認

Googleマップで「熱田神宮」を検索して頂くと、左側に神社の情報が表示されます。

神社の情報を下にスクロールしていくと、神社によっては「混雑する時間帯」で混雑状況を確認することが出来ます。

神社にもよりますが、「ライブ」で現在の混雑状況が見られるのと、曜日を選択すると過去の曜日ごとの混雑の傾向が時間帯ごとに確認することが出来ます。

また、周辺の道路の渋滞情報を確認することが出来るので、渋滞を避けるのにも役に立つと思います。

→Googleマップで熱田神宮の状況を確認する!

スマートフォンの方はGoogle Mapsのアプリで確認して下さい。

スポンサーリンク

熱田神宮/愛知2023初詣の参拝時間は?

熱田神宮の境内は終日解放されていて、参拝は24時間可能です。

初詣のおみくじやお守りの購入は特別営業期間となっていて、

12月31日から1月5日までは23時まで開いているので夜間でもお守りを買うことができます。

この期間であれば混雑を避けて夜間に行っても安心ですね。

熱田神宮/愛知2023初詣の屋台は?

熱田神宮の初詣は、最寄駅から熱田神宮東門側が、歩行者天国となり屋台が多数出店します。

境内に入ると、御本宮までの参道の両脇にも屋台が連なって立ち並び、数えきれないほど。

過去に出店された屋台
・焼きそば   ・とん汁
・イカ焼き  ・お好み焼き
・クレープ  ・バナナチョコ
・たい焼き  ・焼きとうもろこし

ここで紹介した以外にも多数の屋台の出店の可能性があります。

熱田神宮は1月5日に「初えびす」がありますので、1月5日までは屋台の数はさほど減少しないものの、営業時間を短縮していく屋台が多いようです。

営業時間は、当日の天候や人出を見て決めるところもあるようなので、はっきりと決まっているわけではありませんが、たくさんの屋台グルメを楽しみたい方は、三が日の昼間に行くのがおすすめです。

熱田神宮/愛知の詳細は?

愛知の熱田神宮の詳細は以下の通りになります。

名称 熱田神宮
住所 〒456-8585愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
電話番号 052-671-4151
営業時間 24時間
アクセス方法 【電車】
・JR東海道本線「熱田駅」境内まで徒歩約11分
・名古屋市営名城線「神宮西駅」境内まで徒歩約8分
・名鉄名古屋本線・常滑線「神宮前駅」境内まで徒歩約6分
【車】
・伊勢湾岸自動車道 名古屋南ICより約10㎞
・名神高速道路 小牧ICより約20㎞

遠方から熱田神宮に行く際、楽天トラベルを利用すると、移動の交通費がお得になる可能性があります。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベル楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベル楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。
このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

駐車場は?

熱田神宮には、約400台収容できる無料駐車場があります。

ですが、12月31日の夜から1月5日は、熱田神宮の全ての駐車場が閉鎖となりますので、周辺の駐車場を利用することになります。

注意が必要なのは、熱田神宮の周辺の駐車場は年末年始特別料金が設定されていることが多く、通常料金の何倍もの値段のことも・・・。

年末年始に熱田神宮に車で行く際は、近隣の有料駐車場を利用することになるので駐車場が事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用するのもおすすめです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

熱田神宮へ初詣に行くなら、早朝や夕方に行くのがおすすめ!

今回の記事では、熱田神宮の初詣について記事をまとめてました。

記事の内容をまとめると以下の通りになります。

・大晦日22時頃から元旦の3時頃まで混雑している
・空いている時間帯は早朝か16時以降
・混雑回避するなら5日以降に行く!
・屋台が多い!
・年末年始の無料駐車場は閉鎖するので注意!
・初詣に行くなら公共交通機関で行くのがおすすめ!
・車で行くならあきっぱがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!