芦ノ湖紅葉2022の混雑状況や駐車場は?見頃の時期も!

スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
こちらの記事では芦ノ湖の紅葉の
 
・混雑状況
・見頃の時期
・駐車場

 
の情報について記事をまとめています。
うさぎさん
うさぎさん
以下の点がおすすめです!
 
平日早朝~10時に行く!
土日祝日早朝~9時に行く!
・見頃は11月上旬から11月中旬!
・駐車場を利用するなら早朝に行く!

箱根山の山頂にある芦ノ湖は箱根駅伝の往路ゴールとしても有名ですが、年間を通じて多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

特に紅葉のシーズンは素晴らしい景観を見ることができるので、毎年多くの方が訪れます。

そんな芦ノ湖に紅葉を見に行く時におすすめしたいのは以下の通りです。

平日早朝から10時の間に行くのがおすすめ!
土日祝日早朝から9時の間に行くのがおすすめ!
・見頃は11月上旬から11月中旬です!
・駐車場に車を停めるなら早朝に行くのがおすすめ!
旅行会社のツアーで行くのもおすすめ!
服装に注意する!

スポンサーリンク

芦ノ湖紅葉2022の混雑状況は?

芦ノ湖の紅葉時の混雑状況を平日と休日や祝日でまとめていきます。

平日の混雑状況は?

時間帯 芦ノ湖の混雑の傾向
午前中 ・10時頃から混雑しはじめる
午後 ・日中はやや混雑する
・15時頃まで混雑している
夕方 ・16時過ぎから空いてくる

芦ノ湖周辺は平日でも日中は混雑するようです。

混雑を避けるには早朝~10時の間か、16時以降に行くのがおすすめです。

休日/祝日の混雑状況は?

時間帯 芦ノ湖の混雑の傾向
午前中 ・9時過ぎから混雑し始める
午後 ・日中は非常に混雑する
・16時過ぎまで混雑する
夕方 ・17時過ぎから次第に空いてくる

土日祝日の芦ノ湖周辺は非常に混雑します。

9時~16時の間は混雑するようなので、早朝~9時頃までに行くのがおすすめです。

芦ノ湖紅葉2022の混雑を避けるおすすめは?

芦ノ湖の紅葉を見に行くときの混雑を避けるおすすめは以下の通りになります。

曜日 混雑を避けるおすすめ
平日 ・早朝~10時に行くのがおすすめ
・16時以降に行くのがおすすめ
土日祝 ・早朝~9時に行くのがおすすめ

芦ノ湖紅葉2022のリアルタイムは?

今から芦ノ湖の紅葉を見に行きたいけれど、芦ノ湖のリアルタイムの混雑状況を知りたいと思っている方は多いと思うんですよね。

リアルタイムの混雑状況の検索方法として、以下の方法をおすすめします。

Twitterでリアルタイムの混雑状況を確認

Twitterの検索で「芦ノ湖」などの検索キーワードを入力して検索して下さい。

検索キーワード入力後に「最新」の項目をクリックすると、最近のツイートを確認することが出来ます。

→Twitterで芦ノ湖の状況を確認する!

Googleマップでリアルタイムの混雑状況や交通状況を確認

Googleマップで芦ノ湖の紅葉の名所の一つである「恩賜箱根公園」を検索して頂くと、左側に恩賜箱根公園の情報が表示されます。

恩賜箱根公園の情報を下にスクロールしていくと「混雑する時間帯」で混雑状況を確認することが出来ます。

ぜひ行ってみたい場所をGoogleマップで検索してみてください。

場所にもよりますが「ライブ」で現在の混雑状況が見られるのと、曜日を選択すると過去の曜日ごとの混雑の傾向を時間帯ごとに確認することができます。

また、周辺の道路の渋滞情報を確認することが出来るので、渋滞を避けるのにも役に立つと思います。

→Googleマップで恩賜箱根公園の状況を確認する!

スマートフォンの方はGoogle Mapsのアプリで確認して下さい。

スポンサーリンク

芦ノ湖紅葉2022の見頃は?

箱根の紅葉は芦ノ湖から始まると言われています。

芦ノ湖の紅葉の時期は11月上旬から11月中旬の間と言われています。

次に芦ノ湖の紅葉の状況を確認する方法をまとめていこうと思います。

日本気象協会の情報

日本気象協会の公式サイトでは天気の情報だけではなく、紅葉の情報もまとめてくれています。

芦ノ湖といった場所の情報はありませんが、大まかな場所の情報を確認することが可能です。

→日本気象協会で紅葉情報を確認!

Twitterを利用する

Twitterで「芦ノ湖 紅葉」と検索すると実際に芦ノ湖に行った人の情報が得られるかもしれません。

検索キーワード入力後に「最新」の項目をクリックすると、最近の紅葉に関するツイートを確認することが出来ます。

→Twitterで芦ノ湖の紅葉の状況を確認する!

芦ノ湖の公式サイトを確認する

芦ノ湖の公式サイトであれば、最新の紅葉に関する情報を得ることが出来そうです。

→箱根町観光協会公式サイトで最新の紅葉の状況を確認する!

芦ノ湖紅葉2022の見どころは?

芦ノ湖の紅葉の見どころをまとめていきます。

恩賜箱根公園

恩賜箱根公園は日本の歴史公園100選にも選ばれている歴史のある公園です。

天気の良い日なら富士山も望め、紅葉、湖、富士山の絶景を楽しむことができます。

観光船

芦ノ湖には箱根芦ノ湖遊覧船箱根海賊船の2種類の観光船があります。どちらからも見える景色が違うので、どちらともおすすめです。

湖の上から見上げる紅葉の山々は迫力がありますね。

ロープウェイ

箱根ではロープウェイに乗って空から紅葉を楽しむこともできます。

こちらも箱根ロープウェイ箱根駒ヶ岳ロープウェイの2種類ありますが、両方ともおすすめです。

芦ノ湖紅葉2022のライトアップは?

芦ノ湖の紅葉ではライトアップはありません。

芦ノ湖紅葉2022の口コミは?

芦ノ湖の紅葉についての口コミをまとめてみました。

やはり皆さん富士山とのコラボを楽しみにされているようですね。

芦ノ湖紅葉2022の駐車場は?

芦ノ湖の駐車場は以下の通りになります。

芦ノ湖の周辺には駐車台数が20台~200台の有料、無料駐車場が10か所以上あります。

こちらでは芦ノ湖のおすすめスポットに近い駐車場を紹介します。

駐車場名 収容台数 駐車料金 場所
湖尻林間
駐車場
(ロープウェイや海賊船に乗るのにおすすめ!)
200台 700円
箱根園駐車場
(ロープウェイに乗るのにおすすめ!)
普通車312台
大型バス15台
普通車1000円
二輪400円
バス2000円
箱根町園地
駐車場
(恩賜箱根公園に行くのにおすすめ!)
200台 無料(一部有料あり)

駐車場の空きのことを考えたり、朝早くから行動するのが面倒という方は旅行会社のツアーで芦ノ湖の紅葉に行くのもいいかもしれませんね。

おすすめの駐車場は?

芦ノ湖に車で行く場合、便利でおすすめなのが駐車場の事前予約・決済が出来るあきっぱを利用するのもおすすめです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場での貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

芦ノ湖紅葉2022のアクセス方法は?

芦ノ湖へのアクセス方法と場所は以下の通りになります。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 箱根湯本駅からバスで約40分
西湘バイパス「箱根口」ICより約20分
場所 〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根

遠方から芦ノ湖に行く際、楽天トラベルを利用すると、移動の交通費がお得になる可能性があります。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベル楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベル楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。
このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

芦ノ湖紅葉2022のおすすめの服装や持っていくべきものは?

芦ノ湖へ紅葉を見に行く際のおすすめの服装は以下のとおりです。

服装 ジャケットコート
紅葉の時期は日中でも気温が低くなることもあるので、しっかりと防寒対策をしていくことをおすすめします。
スニーカー
紅葉を見に行く場所は舗装されていない道が多いので歩きやすいスニーカーがおすすめです。

芦ノ湖へ紅葉を見に行く際に持っていくおすすめのものは以下の通りになります。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
カイロ 紅葉の時期は日中でも風が強いと肌寒いでのです。そんな時にカイロで暖をとってください。
レジャシート 紅葉の時期はベンチが満席の場合、レジャシートで休憩が出来ます。
ハンドクリームリップクリーム 紅葉の時期の乾燥から手や唇を守って下さい。
ウェットティッシュ(大判) ベンチなどの汚れを拭いたり、手が汚れたときなど便利です。
ポリ袋 周辺にゴミ箱が無いときは小さなポリ袋にゴミを入れて持って帰りましょう。

平日の早朝から10時頃の間に行くのがおすすめ!

今回の記事では、芦ノ湖の紅葉について記事をまとめてみました。

記事の内容を要約すると以下のとおりです。

・平日の早朝から10時頃の間に行くのがおすすめ!
・土日祝日は早朝から8時頃の間に行くのがおすすめ!
・見頃は11月上旬から11月中旬です!
・駐車場に車を停めるなら早朝に行くのがおすすめ!
旅行会社のツアーで行くのもおすすめ!
服装に注意する!

以上、それではお気をつけて!