藍色好きさの歌詞の意味を考察!モデルはやはりベッキーか!

aiirosukisa-lyrics-meaning-bekki

今回の記事のタイトルは、藍色好きさの歌詞の意味を考察!モデルはやはりベッキーか!です。
 
藍色好きさは、インディーロックで人気のindigo la endの新曲です。
 
ボーカルを担当する川谷絵音(かわたにえのん)さんが作詞、作曲を手掛けています。

 


 
インディーというオリジナルな音楽性を持ったロックバンドです。
 
川谷絵音さんと言ったら、休日課長、ちゃんMARI、ほないこかで
 
結成するヒップホップ調のゲスの極み乙女。でもお馴染みです。
 
名古屋、神戸、大阪をはじめにワンマンライブ他iTunesや
 
レコチョクなどから、Play Back End Rollを先行配信しています。
 
2016年の1月は、indigo la end、ゲス極み乙女。のボーカルを
 
務める川谷絵音さんの不倫が発覚して、暫く芸能活動を休養していました。
 
そんなことから、川谷絵音さんが作詞、作曲を手掛ける「藍色好きさ」について、
 
気になる情報をまとめてみました。
 
 
 
スポンサードリンク

twitterで話題沸騰!indigo la endの藍色好きさの歌詞と意味

スポンサードリンク

indigo la end、ゲス極み乙女。こと

川谷絵音さんのプロフィールはこちら!

名前:川谷絵音
本名:川谷健太
誕生日:1988年12月3日
出身:長崎県
学歴:東京農工大学

 
 
川谷絵音さんの本名は川谷健太で、
 
indigo la end、ゲス極み乙女。と別にジェニーハイのメンバーでもあります。
 
ライブではボーカルがメインで、
 
2016年の6月8日に藍色ミュージックから「藍色好きさ」のMVを公開しています。
 
この楽曲の歌詞を見てみると、
 

「運命を掻き分けていく前に、君がいだんだ」
「それはもう突然だった」
「僕は君が好きです」

 
という当たりの表現が気になりますね。
 
これにつながっていく歌詞が、ベッキーに贈った楽曲と言われている節です。
 
ちなみに川谷絵音さんは、ベッキーの不倫騒動だけではなく、
 
19歳の新たな恋人と半同棲をしている噂もあります。
 
 
 

川谷絵音が作詞する「藍色好きさ」のモデルはゲス不倫のベッキーか?

川谷絵音さんはライブで活躍していながらも、
 
常に女性の噂を報じられることでもお馴染みです。
 
藍色好きさの歌詞のモデルも、すでに離婚をしている嫁なのか、
 
ベッキーなのか、新恋人であるのか区別が付きません。
 
そんな噂について、視聴者の気になる反応を見てみると、
 

・切ないですね。お二人が結ばれることを祈っています!
・結ばれて欲しい
・ベッキーは会見の時藍色のスカートきてた

 
このコメントだけを参考にすると、どちらにも未練があるのでしょうか、、、
 
やはり「藍色好きさ」のモデルはベッキーなのでしょうね。
 
 
 

まとめ

この頃すっかりとテレビで見ることがなくなったベッキー、
 
indigo la end、ゲス極み乙女。、ジェニーハイのボーカルで
 
活躍する川谷絵音さんのどちらも頑張って欲しいと思います!
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください